就職/転職エージェント情報サイト

アパレル業界に未経験から正社員として転職する最適な方法

JOB COMPANY
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
JOB COMPANY
JOB COMPANY編集部。人材紹介会社と一緒に仕事をする中で得た知見を元に求職者に役立つ情報を提供します。また、就職支援サービスを運営する人材紹介会社を実際に取材した上で、生の声を届けられるように心がけています。中の人はUSE COMPANY LLCの「SOMEYA」です。

「アパレル業界で働くのが夢だった…」

「自分の好きなアパレル業界で働いてみたい…」

このような理由から、アパレル業界に転職したいと考える方も多いと思います。大学や専門学校でアパレルについて学んでいない未経験の方が、アパレル業界で働くにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ここではアパレル業界に未経験から正社員として転職する最適な方法を解説します。

目次

アパレル業界の仕事「販売職」「専門職」

まず、アパレル業界の仕事にはどのようなものがあるか見てみましょう。

職種は大きく「販売職」「営業職」「事務職」「技術職」の4つに分けられます。

販売職

「アパレル業界」といって真っ先に思いつくのが「販売職」ではないでしょうか。

お客さんと直接触れ合う仕事のため、普段生活している中で接する機会が多い職種です。

販売の仕事内容は、接客(コーディーネート提案やレジ応対など)だけでなく、店内清掃、在庫管理、ディスプレイの変更など多岐にわたります。

販売職は、他の職種と比べると最初から求められる知識量がそれほど高くないため、未経験からアパレル業界に入るときには、販売職から始めることがほとんどです。

営業職

営業職は、主にアパレルの製造会社などで働きます。自社の製品を百貨店やアパレル専門店で取扱ってもらえるように営業をするのが主な役割です。

販売と違ってBtoB(企業間取引)になるため、普段の生活の中で接する機会は多くありません。

営業は、アパレルショップとアパレルメーカーを結ぶ存在と言えます。

事務職

事務職(バックオフィス/内勤)は、直接利益を出す仕事ではありませんが、経理事務、清算事務、営業事務のように、前線で働く人たちが働きやすくなるようにサポートする役割があります。

アパレル業界では、MD(マーチャンダイザー)やプレスなどが事務職にあたります。

事務職は特に女性に人気の高い職種ですが、有効求人倍率が低いのが特徴です。1人あたり0.3件ほどしか求人がないため、未経験から事務職を目指すのは困難と言えます。

参考:一般職業紹介状況(職業安定業務統計)|厚生労働省

技術職

アパレル業界の技術職には、デザイナーやパタンナー(パターンメーカー)など華形の職種があります。

技術職は名前の通り「技術」が要求されるため、いきなり未経験から就職できません(実務経験や実績が求められる)。目指したい場合は、学校やアシスタント業務を経て就職します。

アパレル業界が求める人材

アパレル業界というと、おしゃれで遊び好き、一風変わっていたりするイメージがあります。しかし、実際にアパレル業界で活躍する人は非常に真面目です。

アパレル業界には次のような人材が求められます。

  • 服好きであること
  • プラス発想であること
  • 笑顔が素晴らしいこと
  • デジタルスキルがあること

服好きであること

まず、洋服が好きであることが求められます。

アパレル業界は華やかなイメージがありますが、実際は販売業などとても厳しい世界があるのも現実です。そのとき、「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、好きなら続けられるでしょう。

また、最近では「洋服」だけでなく、「音楽」「スポーツ」などライフスタイル全般に興味があることも求められるようになりました。幅広いジャンルの知見が必要になります。

プラス発想であること

アパレル業界で働くためには「プラス発想」であることが重要です。

常に前向きに「新しい情報」を積極的に集める意欲を持った人が適しています。

笑顔が素晴らしいこと

特に販売職では「笑顔」が重要です。

「販売以外では笑顔は必要ないのでは?」という方もいるかもしれませんが、周囲とコミュニケーションをとりながら仕事を円滑に進めるためには、笑顔が必須になります。

デジタルスキルがあること

今後のアパレル業界ではデジタルスキルが求められます。企画、営業、デザイナーなどすべての職種においてデジタルスキルが必要です。

マーケティングでは、データを分析するスキル、ウェブサイトを構築するスキル、SNSを活用するスキル、ネット広告を活用するスキルなどほぼすべての業務においてデジタルスキルが求められます。

アパレル業界以外にも使える「転職」の基礎知識

それでは、「アパレル業界に未経験から転職しよう」というとき に覚えておきたい「立ちはだかる壁」を2つ紹介します。それは「年齢」と「職種」です。

年齢

一般的に年齢が若いほど、未経験からの転職は有利になります。

高校や専門学校、大学を卒業した時点でアパレル業界を目指す人は、今からでもどの職種を目指すことが十分できるでしょう(もちろんやる気があれば不可能なことはありません)。

ただ、現時点で「営業」「事務」「技術」といった専門知識を持っていない場合は、必要な知識を多く求められない「販売職」から始めるのが良いでしょう。

一方、年齢が高くなるにつれて、転職は不利になります。これはどの仕事にも共通します。

求人の数が大きく減るのは、25歳、27歳、30歳と言われています。もし、自分が節目の年を目前にしているなら(24歳、26歳、29歳)、転職を先延ばしにしないのが良いでしょう。

業種と職種

転職をする上でもうひとつ覚えておきたいのが「業種」と「職種」です。

一般的に「職種」が同じなら、業種(業界)を変更してもキャリアが継続していると見なされます。

たとえば、「通信業で営業をやっていた」という人の場合、アパレル業界でも営業をすることができます。これは営業の本質が「顧客のニーズを捉えて、問題を解決し、お金をいただくこと」だからです。

同じように、他業種でマーケティングを行っていた人の場合も、アパレル業界など別の業界に移ったとき、その業界の特徴になれることは必要でも求められるスキルは大きく変わりません。

一方、「業種」が同じでも「職種」が変更すると、給与は新卒と同じくらいになります。

たとえば、販売をやっていた人がいきなりパタンナーになるといった場合です。この人は販売のスキルはあっても、パタンナーのスキルはないものとして見なされます。

もちろん、販売として働きながら別の職種の勉強を続け、仕事の中でできた横のつながりを使って転職する方法もあります(横のつながりの影響はとても大きいものがあります)。

そのため、「できない」と諦めるのではなく、「今できることは何か」「今の環境を最大限に生かす方法は何か」といったことを自分で考えることが重要です。

アパレル業界に未経験から転職するためのステップ

「アパレル業界で就職したい」と思ったとき、できることは大きく2つあります。

  • 学校に行ってイチから学ぶ
  • すぐに就職する

それぞれのメリットとデメリットを解説します。

学校に行ってイチから学ぶ

学校に行ってイチから学ぶと、基礎知識からしっかりと学ぶことができます。特にデザイナーやパタンナーなどの技術職を目指す場合は、この方法がおすすめです。

ただし、今から学校に行くには「お金」も「時間」もかかります。

2年間、専門学校に通って(入学金や学費を払って)それに見合うだけのリターンがあれば、それは投資すべきだといえるでしょう。

また、前述のように、未経験から転職をする場合、「年齢」という問題があります。今から2年間学校に行ってでも技術を習得した方が良いのか、それともできることから始めるかは人それぞれです。

すぐに就職する

もう1つの方法は「すぐに就職する」方法です。

この場合、今自分が持っている技術だけで勝負することになります。

これまで営業や事務といった職種を経験したことがあるなら、専門職から挑戦するのも良いでしょう。ただし、事務職は求人倍率が非常に低いので困難になるのを忘れてはいけません。

もし、現時点で取り立てて「手に職」を持っていない方は、販売職から始めるのをおすすめします。ほとんどの方は「販売」からアパレル業界に入っていきます。

販売として店頭に立ち、その中で「自分は具体的にどのようなことがやりたいのか」ということが見えてきます。それから新たな道筋を決めるのも良いでしょう。

実際に働いてみないと分からないことはたくさんあります。また、働くと横のつながりができるので、「ちょっと手伝ってよ」と言われたのをきっかけに別の職種に変わる人も少なくありません。

もし、学校に通わずにアパレル業界に入りたい方は、販売から始めるのが良いでしょう。

アパレル求人の見つけ方

それでは、具体的にどうやってアパレル求人を見つければ良いのでしょうか。

アパレル業界に特化した転職支援サービス「ファッショーネ」では、「アパレル業界での転職活動の情報収集手段」の調査結果が公表されています。

もっとも多いのは「求人・転職サイト」を使った転職です。

ここからは、それぞれの方法がどのようなメリットとデメリットがあるのかを解説します。

ハローワーク

まず、すべての就職・転職活動において基本となるハローワーク(公共職業安定所)です。

求人の数だけでいうと、ハローワークを超えるものはありません。これは、企業にとってハローワークに求人を掲載するのが無料だからです(一般のメディアに掲載するためには費用がかかります)。

多くの求人が掲載されているというのが、ハローワークを使うメリットです。

一方、メリットがそのままデメリットにもなります。ハローワークには求人をはたくさんの求人が掲載されていますが、その品質が玉石混交であるのがデメリットです。

いわゆる「ブラック企業」の求人も多く、それを自分で見極める必要があるのです。

お店の求人

自分がお客さんとして使っていたお店や、あこがれのお店のWebサイトや実店舗での求人情報を元に応募する方法もあります。自分が気に入っているという点でハズレることはありません。

ただ、「働いてみたら思っていたのと違った…」というのはよくあることです。また、「好きなお店」にだけ注目してしまい、視野が狭くなってしまうのもデメリットのひとつです。

自分の将来的なキャリアアップを考えたとき「そのお店でよいのか」「福利厚生は充実しているのか」ということも含め冷静に判断できるようにしておきましょう。

知人からの紹介

特に若い女性の場合、知人経由でお店に入ることも多くあります。アパレルショップでは店員さんとお客さんが友人のように親しくなることも珍しくありません。

そのようなつながりで入社することもあります。

ただ、知人紹介の場合、そのほとんどはアルバイト勤務です。正社員として働きたいという場合は、やはり正攻法で就職するのも良いでしょう。

求人・転職サイト

アパレル業界に転職するときにいちばん多いのが求人・転職サイトを使う方法です。

この方法なら「多くの求人」から「適切な仕事」を選べます。

「求人・転職サイト」は、さらに「求人サイト」と「就職エージェント」に分けられます。

求人サイト

求人サイトは、「自分に合った条件」を入力すると、条件に合った求人が表示されます。そして、その中から応募したい仕事を見つけて「応募」し、面接に行くというものです。

つまり、求人サイトはあくまでツールで自分行動する必要があります。

そのため、「自分に合っているのはどういう求人なのか」といったものや「どうすれば採用されやすくなるのか」といったサービスを受けることは基本的にできません。

就職エージェント

一方の就職エージェントも「求人・転職サイト」に分類されますが、こちらはひとりひとりに専任コンサルタントがついて、就職・転職活動をサポートしてくれます。

就職エージェントの主なサービスは、キャリアカウンセリング、履歴書・職務経歴書の書類添削、面接対策、条件交渉、企業とのスケジュール調整などです。

また、就職エージェントを通して就職・転職活動をすると、「エージェントから企業に推薦してもらえる」ため、さらに採用される確率が大幅に上がります。

しかも、これらのサービスは無料で受けられます。

「無料で受けられるのは怪しい…」と思う方もいるかもしれませんが、ハローワークにも書いたように、求人サイトにお金を支払っているのは「掲載している企業側」です。

「お金を払ってでも人が欲しい」という企業は、人材を大切に育てるため、必然的にブラック企業が排除されやすい仕組みができあがります。

未経験者でも使えるアパレル業界向け転職支援サービス

アパレル業界に強いおすすめの転職サイト完全まとめ

アパレル業界に就職するとき、「アパレル 未経験」のように検索して見つかるような場所では、手厚いサポートを受けることがほぼ期待できません。

何より、アパレル業界は「ブラック企業」も多く、それらを自分自身で判断するのは至難の業です。そこで、使いたいのがアパレル業界に特化した転職支援サービスです。

アパレル業界に特化した転職支援サービスなら、求人の情報も詳しく知っており、求人企業に合わせた履歴書や職務経歴書といった書類添削、面接対策も行ってくれます。

また、さらに未経験から研修を行ってくれるサービスもあります。

ただし、アパレル業界は経験が重要視される業界でもあるため、即戦力になる実務経験者しか募集していない転職支援サービスもあります(大手のクリーデンスさんがそうです)。

そこで、「アパレル業界に特化」かつ「未経験者」でも使える転職支援サービスを紹介します。

ファッショーネ:正社員求人のみの優良サイト

ファッショーネ

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 アパレル・ファッション専門エージェント
年齢 20〜30代
経験 未経験可能
書類選考 あり
雇用形態 正社員
対応地域 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
利用料金 無料

ファッショーネは正社員としてアパレル業界で働きたい人の就活をサポートする就職エージェントです。そのため、人材派遣や業務委託といったサービスはありません。

「アパレル業界未経験OK」の求人の取扱いもあるので、未経験もカウンセリングを受けられます。

勤務地が1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)に限定されるため、地方在住者には使いづらいですが、首都圏に住んでいる方ならぜひ使っておきたい優良サイトです。

iDA:アパレル研修が無料で受けられる【派遣向け】

運営会社 株式会社iDA
種類 アパレル・ファッション専門エージェント
年齢 不問
経験 未経験者可能
書類選考 あり
雇用形態 派遣社員、正社員
拠点一覧 札幌支店
仙台支店
新潟支店
千葉支店
東京本社
表参道オフィス
横浜支店
静岡支店
名古屋支店
京都支店
大阪本社
梅田オフィス
神戸支店
広島支店
四国支店
福岡支店
南九州支店
沖縄オフィス
利用料金 無料

iDAは、アパレル業界で「派遣」「正社員」として働く人をサポートしています。

iDAの特徴はなんといってもアパレル業界で働くための研修「iDAカレッジ」が無料で受けられる点です。これにより、ファッション販売やバックオフィスなどのスキルを得られます。

未経験でも就業前にトレーニングを受けられるので、安心して仕事を始められます。

アパレル派遣なび:派遣に特化した求人サイト【派遣向け】

運営会社 株式会社シーエーセールススタッフ
種類 アパレル・ファッション専門エージェント
年齢 20〜40代の女性がメイン
経験 未経験者可能
雇用形態 派遣社員
拠点一覧 本社(浜松町)
東京
名古屋
大阪
福岡
利用料金 無料

アパレル派遣なびは、アパレル・ファッションの派遣に特化した求人サイトです。

一部、正社員登用もありますが、基本は派遣になるので、「派遣で働きたい」という方はアパレル派遣なびを選ぶのをおすすめします。

アパレル業界未経験でも登録可能。専属コーディネーターによるサポートを受けられます。

 

↓ここまでアパレル・ファッション業界の転職支援サービスについて紹介しました。もし、「販売職しか経験がない」「未経験から働きたい」という方は、未経験から働ける求人を多数扱う第二新卒・既卒・フリーターなど若年層向け就職エージェントを利用するのも良いでしょう。

 

若年層向け就職エージェントまとめ

若年層向け就職エージェント

若年層向け就職エージェントをまとめて紹介します。第二新卒・既卒・フリーターなど未経験から正社員就職できる求人を扱っているため、学歴や職歴に自信がない方も積極的に活用しましょう。

ハタラクティブ:20代に特化した就職支援サービス

運営会社 レバレジーズ株式会社
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 20代がメイン
学歴 中卒以上
書類選考 あり
雇用形態 正社員
対応地域 東京(渋谷・池袋・秋葉原・立川)
埼玉、千葉、神奈川
名古屋
大阪
福岡
利用料金 無料

「ハタラクティブ」は、レバレジーズ株式会社が運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの就職エージェントです。完全な未経験でも正社員として就職できる求人をメインに扱っています。

ハタラクティブは1都3県、名古屋・大阪・福岡で利用できます。

ハタラクティブのポイント

  • 未経験OKの優良求人が見つけられる
  • 自分にあった仕事を選ぶことができる
  • 短期間で選考に通過できる

DYM就職:第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!

運営会社 株式会社DYM
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 18〜29歳がメイン(30代可能)
学歴 不問(中卒可能)
書類選考 なし
雇用形態 正社員
面談地域 東京(五反田・池袋・秋葉原・立川)
札幌・仙台
大宮・千葉・横浜
静岡・名古屋
京都・大阪・神戸
岡山・広島
福岡・熊本
利用料金 無料

「DYM就職」は、株式会社DYMが運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの就職エージェントです。DYM就職を利用した人の就職率は96%と非常に高い実績を持っているため、第二新卒・既卒・フリーターなど就活市場で弱い立場になりやすい方にとって最有力候補のエージェントと言えるでしょう。

DYM就職は全国各地で面談できます。

DYM就職のポイント

  • 毎月200人の方が就職を決めている
  • 2,000社の優良企業を紹介
  • 就職率は驚異の96%

ウズキャリ:20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

UZUZ

運営会社 株式会社UZUZ
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 18〜29歳
学歴 高卒以上
書類選考 あり
雇用形態 正社員
対応地域 東京
大阪
名古屋と福岡は電話サポート
利用料金 無料

「ウズキャリ」は、株式会社UZUZが運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの就職エージェントです。ウズキャリは1人あたりにかける時間が他社の10倍という丁寧なカウンセリングに定評があります。

ウズキャリは東京・大阪・名古屋・福岡で利用できます。

ウズキャリのポイント

  • 第二新卒・既卒・フリーターの内定率86%以上
  • ブラック企業を完全排除
  • 大手企業からベンチャー企業まで優良企業求人多数

第二新卒エージェントneo:既卒・フリーターでも就職成功できる!

運営会社 株式会社ネオキャリア
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 18〜28歳
学歴 中卒以上
書類選考 あり
雇用形態 正社員
対応地域 全国
(東京・名古屋・大阪・福岡にオフィスあり)
利用料金 無料

「第二新卒エージェントneo」は、株式会社ネオキャリアが運営する若年層向け就職エージェントです。未経験OK求人を5,000件以上持っており、使いやすいエージェントと言えるでしょう。

第二新卒エージェントneoは全国の求人を扱っており、東京・名古屋・大阪・福岡にオフィスがあります。

第二新卒エージェントneoのポイント

  • 1人あたり平均10時間の丁寧なサポートが受けられる
  • 未経験OK求人5,000件以上
  • ブラック企業を除外、優良企業のみを紹介してもらえる

就職Shop(ショップ):リクルートキャリアの就職支援サービス

運営会社 株式会社リクルートキャリア
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 20代がメイン
学歴 中卒以上
書類選考 なし
雇用形態 正社員
対応地域 東京、埼玉、千葉、神奈川
大阪、京都、兵庫
利用料金 無料

「就職Shop」(ショップ)は、人材業界最大手の株式会社リクルートキャリア運営する若者向けの就職エージェントです。第二新卒・既卒・フリーターなど未経験から正社員就職を目指します。

就職Shopは関東と関西の主要エリアで面談可能です。

就職Shopのポイント

  • 書類選考なし→人柄や意欲で評価される
  • 求人は100%取材→職場の雰囲気や働き方などの情報あり
  • 利用者の4人に3人は正社員未経験

マイナビジョブ20's:20代・第二新卒・既卒向け

運営会社 株式会社マイナビワークス
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 20代
学歴 不問
書類選考 あり
雇用形態 正社員
対応地域 全国(東京・名古屋・大阪にオフィスあり)
利用料金 無料

「マイナビジョブ20's」(トゥエンティーズ)は、株式会社マイナビワークスが運営する20代・第二新卒・既卒向けの就職エージェントです。マイナビグループ唯一の「20代」に特化したサービスです。

マイナビジョブ20'sは東京・名古屋・大阪にオフィスがあります。

マイナビジョブ20'sのポイント

  • マイナビ唯一の20代専門サービス
  • 転職活動の始めから終わりまでサポート
  • 人事部とのネットワークを築いている

いい就職ドットコム:既卒・第二新卒専門 正社員就職支援サイト

運営会社 ブラッシュアップ・ジャパン株式会社
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 22〜29歳
学歴 大卒以上
書類選考 あり
雇用形態 正社員
対応地域 全国(東京・横浜・名古屋・大阪にオフィスあり)
利用料金 無料

「いい就職ドットコム」は、ブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営する既卒・第二新卒専門の就職エージェントです。既卒・第二新卒向けエージェントでは珍しく「全国の求人」を扱っています(東京・横浜・名古屋・大阪以外の地域は電話による就活サポートが受けられます)。

いい就職ドットコムは東京・横浜・名古屋・大阪にオフィスがあります。

いい就職ドットコムのポイント

  • 既卒・第二新卒を積極的に採用したい企業5,000社以上
  • 専任スタッフが足を運んで集めた情報の提供
  • 就活アドバイザーによる個別サポートが充実

ジェイック(JAIC):20代に強い転職・就職サポート

運営会社 株式会社ジェイック
種類 若年層向け就職エージェント
年齢 18〜39歳
学歴 高卒以上
書類選考 なし
雇用形態 正社員
対応地域 東京(新宿・池袋・神保町)
仙台
横浜
名古屋
大阪
広島
福岡
不定期開催エリアあり
利用料金 無料

「ジェイック」(JAIC)は、株式会社ジェイックが運営する第二新卒・既卒・フリーターなど若年層向け就職エージェントです。7日間の無料就活講座「就職カレッジ」(旧:営業カレッジ)を受けることで、書類選考なしに20社の選考を受けられます。

ジェイックの「就職カレッジ」は全国各地で開催されています。

ジェイックのポイント

  • 無料で就職講座が受けられる→就職支援実績20,000名以上
  • 優良企業20社と書類選考なしで面接ができる→就職成功率80.3%
  • 100%取材した正社員求人→就職後の定着率94.3%

この記事を書いている人 - WRITER -
JOB COMPANY
JOB COMPANY編集部。人材紹介会社と一緒に仕事をする中で得た知見を元に求職者に役立つ情報を提供します。また、就職支援サービスを運営する人材紹介会社を実際に取材した上で、生の声を届けられるように心がけています。中の人はUSE COMPANY LLCの「SOMEYA」です。

Copyright© JOB COMPANY , 2018 All Rights Reserved.