就職/転職エージェント情報サイト

アパレル業界の面接対策、第一印象でもっとも大切なのは「笑顔」

JOB COMPANY
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
JOB COMPANY
JOB COMPANY編集部。人材紹介会社と一緒に仕事をする中で得た知見を元に求職者に役立つ情報を提供します。また、就職支援サービスを運営する人材紹介会社を実際に取材した上で、生の声を届けられるように心がけています。中の人はUSE COMPANY LLCの「SOMEYA」です。

アパレル業界の採用面接を受けるとき、もっとも大切なのは何だと思いますか?

それは「笑顔」です。

どんなに上手いことを言っても、どんなに良い声で話しても、笑顔に勝る武器はありません。

ここではアパレル業界の面接対策として、印象を決める「笑顔」について解説します。

人の印象を決めるのは「見た目」

人の印象を決めるとき、どのような要素で判断するかという「メラビアンの法則」によると、人は55%を視覚情報から得ていることが分かっています。

そして、38%を聴覚情報、7%を言語情報から得ています。

これはどういうことかというと、「見た目」の印象が重要であることを意味します。

なにも「美人であること」「イケメンであること」という意味ではありません。人に不快を与えない清潔感だったり、穏やかな表情が重要であるという意味になります。

「敬語」よりも「笑顔」を大切にしよう

実際にキャリアカウンセラーをしている人に聞いたところ、「採用面接では慣れない敬語を話す必要はない」「『です・ます』が付いていれば十分」だと言います。

そして、それよりもはるかに大切なのは「笑顔」なのだと言います。

たしかに「◯◯させていただきます」「おっしゃるとおりです」などを辿々しく話すよりも、笑顔で対応してくれた方が気持ち良かったりしますよね。

特に外国人の人と話すとき、その人が「どれだけ敬語を使っているか」より、ひとつの笑顔があればそれだけでお互いに気持ちよくなったりするものです。

採用面接でどれだけ上手なことを話しても、それは全体の7%にしか影響を与えません。

それよりも、まず「笑顔でいること」を大切にしましょう。

笑顔を作る練習

笑顔を作るには、鏡の前で面接の練習をするのがいちばんです。

そうすることで自分がどのような表情で話しているかが分かります。

また、面接の練習をしている様子をスマホで動画撮影する方法もおすすめです。撮影したものをあとで見ると、自分を客観的に知ることができます。

動画で撮影された自分を見ると、慣れるまでは恥ずかしいですし、違和感を覚えます。しかし、自分が他人にどのように見えているか知る重要な機会なので、ぜひ練習をしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
JOB COMPANY
JOB COMPANY編集部。人材紹介会社と一緒に仕事をする中で得た知見を元に求職者に役立つ情報を提供します。また、就職支援サービスを運営する人材紹介会社を実際に取材した上で、生の声を届けられるように心がけています。中の人はUSE COMPANY LLCの「SOMEYA」です。

Copyright© JOB COMPANY , 2018 All Rights Reserved.