アパレル業界の面接対策「あなたを採用するメリットはなんですか?」

アパレル転職サイト

アパレル業界に限らず採用面接で多く聞かれる質問のひとつに「あなたを採用するメリットはなんですか?」があります。これはあらかじめ答えを用意しておかないと答えられないですよね。

この質問では「自分のどのようなスキルをどのように活かすか」答えるのが正解です。

ここではアパレル業界の面接対策として「あなたを採用するメリット」について解説します。

自分の強みを知る

まずは,「自分は何ができるのか」「どのような場所が強いのか」という強みを考えます。

学生時代に頑張ってきたこと,社会人として行動する中で得たスキルなどが当てはまります。

これは履歴書や面接で伝える自己PRと同じように考えて良いでしょう。

もしこの時点で「自分は何ができるんだろう」と分からない方は,とりあえず次の段階に進んでしまってかまいません。

強みを裏付ける根拠を考える

自分の強みを見つけたら,それを裏付ける根拠(エピソード)を考えます。

先ほど「自分は何ができるのか」分からなかった方は,先にエピソードを考えましょう。

実際のキャリアカウンセラーに聞いたところで,自己PRや長所・短所といったものは,最初に項目を考えるのではなく,先にエピソードを決めた方が良いと話していました。

そして,そのエピソードからどのような点が強いかを抽出してあげるという考え方です。

たとえば,「学生時代,部活動でみんなよりも多く練習をしていた,自宅に帰ってからも一定の時間練習をしていて試合に勝ったことがある」というエピソードがあるなら,「何事もコツコツと続けられる」という強みを抽出することができます。

または「目標に向かって頑張ることができる」とも言い変えられます。

このようにエピソードから考えると,強みも自然と生まれてきます。

それが企業にとってどのように役立つかを考える

そして,その強みが選考を受ける企業にとってどのように役立つかを考えましょう。

このとき,「相手のニーズ」を知るために,必ず選考を受ける企業のWebサイトなどを見て,どのような人材を欲しているのか,社風はどうなのかを把握しておきましょう。

また,社長など関連人物のブログや書籍があるならそれらに目を通しておくのもおすすめです。

自分の強みがもし相手のニーズとマッチしていなければ,もう一度強みを考えます。

「企業のニーズ」が分かったら,そこから自分ができることを考えるのも良いでしょう。

その場合は次の順番で考えます。

  1. 企業のニーズを把握する
  2. 自分ができることを考える
  3. それを裏付けるエピソードを考える

エピソードから考えられる場合は2と3を逆にしても良いでしょう。

このように相手の需要を把握した上で,自分が何を供給できるのかを相手に提示することで,「あなたを採用するメリット」を上手に伝えられるようになります。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    保育士・幼稚園教諭の履歴書の書き方「免許・資格」

新着記事 オススメ
  1. 就職/転職エージェントは嘘つき?人材紹介会社の本音や闇の部分を現役カウンセラーが暴露します

  2. 人材業界に向いている人・必要なスキル・年齢・資格・キャリアプランを解説

  3. 就職/転職エージェントに年収交渉はしてもらえる?フリーターから年収800万円になった実例

  4. 就職エージェントを使うときの服装はどうすれば良い?「私服」で問題ありません!

  5. 新卒ITエンジニア目指すときの就職活動や就職エージェントの活用方法まで徹底解説

  6. 就職/転職活動に役立つ住宅(ハウスメーカー)業界比較(大和ハウス,積水ハウスなど)【2021年版】

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP