保育士・幼稚園教諭の面接対策「退職理由」

保育士の転職

保育士・幼稚園教諭の面接でよく聞かれる質問のひとつに「退職理由」があります。2つ以上の勤務先の場合,ほぼ必ず質問されるはずです。

ここでは保育士・幼稚園教諭の面接対策から「退職理由」について解説します。

「退職理由」の意図を考える

面接の質問は,すべて質問の意図を考える必要があります。この質問は,保育の経験がどのくらいあるのか,また退職の理由(辞めた理由)がどのようなものかがチェックされます。

こんな回答はNG

保育能力の低さを認める

「多くの子どもの担当をしていて負担が大きかった」など,保育能力の低さを認める発言は,マイナス評価につながります。

愚痴や批判ではなく,前向きな転職理由を用意しましょう。

前職のことを悪く言う

いちばんやってはいけないのが,「前職」のことを悪くいうことです。他人のせいにしている人に良い印象を持つ人はいません。

前職ではできなかったことを,次の職場では実現しようと思っていることを伝えましょう。

こんな回答はOK

前向きで向上心がある

「保育者として幅を広げたい」など,前向きで向上心のある退職理由だと,後ろめたいイメージを感じません。

前職の経験を活かす

また,前職での経験を活かし,「即戦力になれる」こともアピールしましょう。

倒産やリストラなどの場合はどうする?

たとえば,企業の倒産やリストラなど,自分にとって不本意な退職の場合は,それらの理由は強調せずに,「乗り越えて頑張る」という気持ちを前面に出しましょう。

どの場合も「誰かのせいにする」という他責はNGになります。

転職回数が多い場合はどうする?

転職回数が多い場合,「採用してもすぐに辞めてしまうのでは…」という懸念を採用官は抱きます。この心配を取り除くために,「実現したいこと」などを伝えましょう。

また,退職理由が上手に思い浮かばないときや,どうしても転職回数が多くなってしまい,自分に合った職場を見つけられないときは,就職エージェントを利用するのもおすすめです。

保育士・幼稚園教諭に特化した就職エージェントを使えば,離職率が高いいわゆる「ブラックな職場」を除外した職場を選ぶことができるでしょう。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    保育士・幼稚園教諭の履歴書の書き方「免許・資格」

新着記事 オススメ
  1. 内定がない自分はやばいのか? 22卒の就職活動の現状とアドバイス

  2. 人材紹介会社(就職/転職エージェント)を使うと採用難易度が上がる?噂の真相も含めて徹底解説!

  3. 人材業界の営業職の仕事内容について,一日のスケジュール・やりがい・大変なことまで解説

  4. 就職/転職エージェントは嘘つき?人材紹介会社の本音や闇の部分を現役カウンセラーが暴露します

  5. 人材業界に向いている人・必要なスキル・年齢・資格・キャリアプランを解説

  6. 就職/転職エージェントに年収交渉はしてもらえる?フリーターから年収800万円になった実例

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP