キャリアチェンジのメリット・デメリットは?年収が下がる可能性についても解説

就職/転職活動コラム

普段,求職者とお話しする中で,「今とは別の仕事がしたい」「他の業界で働きたい」など,キャリアチェンジを考えている方は多いように感じます。そこで今回は,キャリアチェンジのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

そもそもキャリアチェンジとは?

「キャリアチェンジ」とは,未経験の業界や職種へ転職することをいいます。これは,同じ職種で別の業界に転職する,同じ業界で別の職種に転職するというケースも含みます。

よく似た言葉に「キャリアアップ」があります。これは今までの経験やスキルを活かして,自分の役職や地位,待遇などを高めていくことを意味し,社内での昇進・昇格や転職によって高めていくものです。一方,キャリアチェンジの場合は,未経験の職種・業界へ異動や転職をすることになるため,一時的に役職や待遇などが下がる可能性があります。

キャリアチェンジのメリット

希望の業界で仕事ができる,希望の職種に就ける

以前からやりたかった仕事に就けたり,興味があった業界で働くことができたりするのが,キャリアチェンジの大きなメリットです。もともとやりたいことがあったが新卒時にはそれが叶わなかった,あるいは,社会人になって仕事をするうちに自分が関心があることが見えてきたといった人は,希望する業界や職種へキャリアチェンジすれば働くやりがいや充実感を得られる可能性はあります。

新たなスキルが身につく

まったく違う業界や職種を経験すれば,新たなスキルが身につきます。自分にできることを増やし,キャリアの幅を広げていけるのもキャリアチェンジのメリットと言えるでしょう。

キャリアチェンジのデメリット

年収が下がる

経験のある業界や職種への転職は即戦力採用になりますが,未経験の業界や職種に転職する場合はポテンシャル採用になるため,年収が下がるケースがほとんどです。現職の業界や職種の年収水準がかなり低い場合を除いて,年収の維持やアップは難しいため,どれくらいの年収ダウンなら妥協できるか考えておく必要があります。

キャッチアップの負荷がかかる

未経験転職者はいわば新人としてスタートするため,新卒から同じ業界や会社にいる人材に比べて専門スキルで遅れをとっています。周囲に追いつくには新たなスキルや知識を日々習得していかなくてはいけないため,前職で仕事をしていた頃より負荷が大きくなります。新たな領域で一人前の仕事ができるようになるまでは,相応の努力が求められることを覚悟しましょう。

まとめ

今回はキャリアチェンジのメリット・デメリットについて解説してきました。年収や役職はポテンシャル採用となるため,下がることがほとんどですが,影響の少ない20代のうちであれば,キャリアチェンジを成功させる方が多いです。新しい業界や職種で活躍したいという方は早めの検討を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

特集記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    ビズリーチから連絡が来ないときに確認したい3つのパターン

新着記事 オススメ
  1. 最終面接と他の面接の違いは? 合否を分けるポイントを解説!

  2. SPIテストの概要と対策法を徹底解説!

  3. 業界研究をする上で重要な4つのポイント

  4. 本当に転職すべきなのか? 複数社から内定が出たけれどどうしようか?

  5. キャリアチェンジのメリット・デメリットは?年収が下がる可能性についても解説

  6. 自己分析は何のためにやるの? 目的と方法を解説!

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP