ボーナスをもらってからの転職はあり? 気持ちよく退職するために気をつけたいこと

就職/転職活動コラム

6月も終わりを迎える頃ですが,そろそろ賞与支給の会社ではボーナスが支払われる時期ではないでしょうか? この時期に多く問い合わせを受けるのが,「会社を退職するタイミング」についてです。

今回は,そういった方に向けて「そもそもボーナスをもらって転職活動を行うのはありなのか?」「気をつけることは何なのか?」ということについて触れていきたいと思います。

まずはボーナス支給規定を確認しよう

ボーナスは「支給規定」が各社で定められているはずです。在籍日数や支給されない場合の規定など,あからじめ定められている会社が多いので,まずは確認するようにしましょう。

ボーナスは評価時期の成果に対する報酬という側面と,将来に期待しての報酬の両面で支給されています。退職を早く伝えすぎると減額がされる規定がある会社もあるので要チェックです。

そもそもボーナスをもらってからの退職はありなのか?

結論,「あり」です。むしろボーナス支給が近いのであれば,これはオススメします。

ただ,注意しなければいけないのは,賞与支給額が決定するまでは,退職について具体的な相談を上司にするのは控えた方が良いということです。「退職予定者はボーナスの支給対象外」にする会社も一定数は存在するからです。

また,「転職を検討している」という相談もあまりオススメしません。基本的にはこれを相談しても無理な引き止めにあったり,社内で少しいづらい空気を感じたりする可能性もあります。転職について相談をする際には,次の職場の入社日が決まった状態で相談するように心がけましょう。

退職は入社の何ヶ月前に相談するのが一般的か

一般的な目安は,2〜3ヶ月前です。1ヶ月前など,対応できなくはないと思いますが,職場に引き継ぎ関連で迷惑をかけてしまう可能性もあります。これについても会社規定で定められているところもあると思いますが,だいたい入社日2〜3ヶ月前にお伝えするものだと認識ください。

そのため,「8月にボーナスもらって新しい職場は10月から働きたいな」と思っているなら,6月からの転職活動でギリギリといったところです。余裕をもってはじめられるようにしましょう。

まとめ

今回はボーナスと転職活動の時期について解説しました。

毎年,この時期になると転職活動を検討する方が激増します。もらえるものはもらってしまえば良いと思う反面,今までお世話になった会社であるというのも間違いありません。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざもあるように,退職する職場に迷惑をかけないような退職を心がけ,気持ち良く次の職場でスタートを切れるようにしましょう。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    保育士・幼稚園教諭の履歴書の書き方「得意な科目(分野)」

新着記事 オススメ
  1. 『キャリアロジック』「ポジショニング戦略」と「競争優位の戦略」の2つの戦略を使おう

  2. 退職時は「業務引き継ぎ」を大切にしよう

  3. 将来性のある仕事とは何か?具体的な業界や仕事,注意点について解説!

  4. 「業界地図」会社四季報と日経を徹底比較【2022年版】

  5. 『就職四季報』総合版・優良企業版・女子版,自分はどれを買うべきかわかる完全まとめ 【2022年版】

  6. 『マイナビ転職2023 転職者のための自己分析』7つのステップですぐに役立つ

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP