介護士のパート時給相場,ボーナスなど好条件の求人を見つける方法

介護職の転職

「介護福祉士(介護士)のパートとして働きたいけど時給相場が…」

誰もが悩むところですよね。

現在,介護福祉士のパート・アルバイトの時給相場は,地域によって異なりますが,840円〜1200円以上といったところです。

しかし,これはあくまで公開されているパート・アルバイト求人の時給にすぎません。ここではボーナスなどより好条件の求人を見つけるための方法を紹介します。

介護福祉士のパート・アルバイトの時給相場

まず,自分の住んでいる地域の介護福祉士のパート・アルバイトの時給相場を知っておきましょう。「タウンワーク」に介護福祉士のパート・アルバイトの平均時給が掲載されています。

これを見ると,時給が高いのは東京や神奈川県などの関東,関西であることが分かります。

一方,北陸や九州地方は時給相場が低いことが分かります。

(詳細の金額はデータが変更されるため記載していません)

介護福祉士の好条件求人を見つける方法

それでは介護福祉士のパートの好条件求人を見つける方法です。

介護福祉士の好条件求人を見つけるには,介護に特化した転職サイトを利用します。

「転職サイト」というと「正社員だけじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが,パートやアルバイトといった雇用形態の求人も多数掲載されています。

現にきらケアなどの転職サイトには,多数のパート・アルバイト求人が掲載されています。

非公開求人を使う

ここで大切なのは非公開求人を使うことです。非公開求人とは,名前の通り「公開されていない」求人です。

なぜ,転職サイトには非公開求人があるのかというと,理由は2つあります。

  • 求人をしていることを周囲に知られたくない
  • 転職サイトが独占しておきたい

1つめは,施設側の理由です。求人をしている(人手不足であること,人が辞めていること)を周囲に知られたくないという施設は多くあります。そのため,転職サイトに掲載するときも非公開にしてもらうようにしているのです。

2つめは転職サイト側の理由です。転職サイト(人材紹介会社)は,求職者の入社が決まると「紹介手数料」という形で施設から報酬をもらっています。

そのため,もし施設と求職者,または別の転職サイトと求職者の間で直接やりとりをされてしまうと,報酬が入らないことになってしまうのです。

このような理由から,転職サイトで取り扱っている求人の多く(半数〜70%くらい)は非公開求人になっています。そして,好条件の求人もここに眠っているのです。

好条件の求人を探したい人は転職サイトを活用しよう

好条件のパート求人を探したい方は,転職サイトを活用しましょう。

転職サイトは1分もあれば登録できます。その後,アドバイザーからの電話で希望を伝えると求人を紹介してもらえます(必要があれば書類添削や面接対策なども受けられます)。

多くの人が知らない転職サイトの使い方,有利な方法で試してみてください。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    保育士・幼稚園教諭の履歴書の書き方「得意な科目(分野)」

新着記事 オススメ
  1. 就職/転職活動の自己分析に使いたいおすすめの本

  2. 内定辞退をするのは法的に問題ない?理由の説明についても解説!

  3. 『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』今の職場や業種でできる「AIシナジスト」は必見

  4. 有給消化中に次の職場で働くために気をつけたいこと

  5. 転職活動を成功させる自己分析のかんたんな方法

  6. 『就職四季報 企業研究・インターンシップ版 2023年版』就活を控えた大学生におすすめの姉妹誌

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP