介護士の平均勤続年数と離職率

介護職の転職

介護士の平均勤続年数や離職率など気になるデータをまとめました。

データは厚生労働省が発表している「介護労働の現状」を参考にしています。

介護士の平均勤続年数

  • 介護職員:5.5年
  • ホームヘルパー:5.6年
  • 産業計:11.9年

ひとつの職場で働く人は5, 6年ですが,「介護職」という産業全体で見ると,11.9年と比較的長い期間働き続ける人が多いことが分かります。

ちなみに,介護職は新卒が6.8%,中途採用が84.7%という,圧倒的に中途採用が多い結果になっています。このことから「最初から介護職を目指す人」より,働いていくうちに「介護職に興味が出てくる人」が多いことが分かります。

介護士の離職率

  • 介護職員:17.7%
  • ホームヘルパー:14.0%
  • 職種計:16.6%

介護職は「離職率が高い」と言われていますが,50%を超える飲食業などと比べると高くないことが分かります。

また,ホームヘルパーの方が離職率が低くなっているのも特徴のひとつです。施設で介護をするより「対人ストレスが少ない」という理由も考えられるでしょう。

介護の仕事を辞めた理由

介護の仕事を辞めた理由です。

  • 職場の人間関係に問題があった:24.7%
  • 施設の理念や運営のあり方に不満があった:23.3%
  • 他に良い職場があった:18.6%
  • 収入が少なかった:17.6%
  • 自分の将来の見込みが立たなかった:15.1%
  • 新しい資格を取った:10.1%
  • 結婚・出産・妊娠・育児のため:9.1%

人間関係で職場を辞める人がもっとも多い24.7%でした。また,「施設の理念や運営のあり方に不満があった」「収入が少ない」などネガティブな理由が多くあります。

一方,「他に良い職場があった」「新しい資格を取った」など着実にステップアップをしている人も一定数いることがわかります。

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    キャリアウィンクの選考に落ちたときに読みたい安定した仕事に就く方法

新着記事 オススメ
  1. 『マイナビ2023 就職活動がまるごと分かる本 いつ? どこで? なにをする?』会話形式で読みやすい

  2. 7月以降の就職活動でも内定はとれる?就活事情や注意すべきポイントを解説します

  3. 『転職2.0』要約 方法論に落とし込まれているので,周りに差をつけることができる

  4. 求人サイト,就職エージェント,ハローワーク,それぞれのメリット・デメリットを解説

  5. ボーナスをもらってからの転職はあり? 気持ちよく退職するために気をつけたいこと

  6. 『就職活動1冊目の教科書』オンライン選考の対策にも対応した改訂版

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP