就職/転職エージェント情報サイト

キャリアシードの選考に落ちたときに読みたい安定した仕事に就く方法

JOB COMPANY
WRITER
 
キャリアシードの選考に落ちたときに読みたい安定した仕事に就く方法
この記事を書いている人 - WRITER -
JOB COMPANY
JOB COMPANY編集部。人材紹介会社と一緒に仕事をする中で得た知見を元に求職者に役立つ情報を提供します。また、就職支援サービスを運営する人材紹介会社を実際に取材した上で、生の声を届けられるように心がけています。中の人はUSE COMPANY LLCの「SOMEYA」です。
今回の記事について

■こんな人のために書いています
⇒キャリアシードの選考に落ちてしまった人

■この記事を読むと以下のことがわかります
⇒安定した仕事に就くための3つの方法

キャリアシードは無期雇用派遣サービスなので(無期雇用派遣社員として入社する),アデコの選考に合格する必要があります。

しかし,「選考に落ちてしまった…」という方もいると思います。せっかく仕事のやる気があるのに自分の希望が通らないのはつらいですよね。

そこで,ここではキャリアシードの選考に落ちてしまった方のための安定した仕事に就く方法を紹介します。

キャリアシードは,新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け,現在,募集および選考を中止しています。未経験からの正社員就職は,「若年層向け就職エージェント」を利用すると良いでしょう。

「アデコ」の採用情報を知る

キャリアシードの選考に落ちてしまった方もこれから選考を受けようと思っている方も,まずは相手を知りましょう。すでに不採用になってしまった方は「もう遅い」と思うかもしれませんが,「こういう相手だったのか」という事実を知ると,次の対策がしやすくなるはずです。

アデコの募集要項では,「求める人物像・選考基準」に次をあげています。

仕事を通じ自らのキャリアを積んでいきたい,成長意欲の高い方
何事にも積極的・主体的に取り組んでいける方

無期雇用派遣サービスの多くは「PCスキル不問」とありますが,実際は(採用してお金を払う企業側からすると)研修コストは少ないに越したことはありません。そのため,PCスキルはあった方が良い(少なくともまったく触れないよりは)と考えておくと良いでしょう。

事務職の一般的な求人倍率(1人あたり何件の求人があるか)は約0.2倍(1人あたり0.2件,5人につき1人が仕事がある)なので,どちらにしてもかなり狭き門となるのは確実でしょう。

キャリアシードの選考に落ちてしまう理由

そもそも事務職の求人倍率は低い

前述のように事務職は女性に人気が高く,求人倍率が低い傾向があります。

さらに,現在はバックオフィスの急速な効率化が進み,企業はソフトウェアを使って自動化をしたり,必要な作業は外注化するようになったのも理由になります。

もし,今後「事務職で働きたい」という人は,「自分が企業にどんなスキルを提供できるか?」を考え,その自信がなければ違う職種を検討するのも良いでしょう。

スキルが合わなかった

キャリアシードでは「PCスキルは不問」とあります。

しかし,実際にそうでしょうか。

もし仮に競争倍率が30倍としたとき,そのうちの20人はPCスキルがある,10人はPCスキルがない場合,やはり10人は苦戦を強いられるのは容易に想像ができます。ここから選ばれるためには,他の29人を上回る別の何かのスキル(人間性なども含まれます)が求められることになります。

面接対策ができていなかった

これは「面接対策」という短期的なテクニックになりますが,アデコに限らず企業に入社するときは選考をクリアする必要があります。

アデコでは,エントリーシート,書類選考・説明会,面接(1〜2回),適性診断・スキルテスト,の選考があります。

いくらありのままの自分を見てもらいたいからといって,何も対策をせずに臨んでは受かるものも受かりません。相手がどういう企業なのか,どういう人材を欲しているか,自分の経験をどのように伝えるのが良いのかといった対策をすることが大切です。

後述しますが,これらを丁寧に教えてくれるのも就職エージェントの強みになります。

キャリアシードの選考に落ちた人が選びたい3つの方法

それでは,キャリアシードの選考に落ちてしまった人はどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは3つの方法を提案します。

別の無期雇用派遣サービスを利用する

1つめは別の無期雇用派遣サービスを利用する方法です。

キャリアシードに落ちてしまった人も,キャリアウィンク(リクルートスタッフィング)やファンタブル(テンプスタッフ)など別の企業の無期雇用派遣サービスがあります。

「絶対に無期雇用派遣として事務職で働きたい」という方は無期雇用派遣サービスがオススメです。

一方,事務職の求人倍率が低いデメリットは同じなので,PCスキルや面接対策をしっかりして臨む必要があります。

無期雇用派遣がオススメな人
  • 事務職で働きたい人
  • 登録型派遣よりは安定して働きたい人

登録型派遣サービスを利用する

2つめは登録型派遣サービスを利用する方法です。

キャリアシードを運営するアデコは登録型派遣として働くこともできます。

登録型派遣はアデコに入社するわけではないので,事務職の求人倍率の低さはそれほど影響しません(派遣就業先が決まりにくいというのはあります)。

また,登録型派遣は3ヶ月などの有期契約なので,身軽でいられるのもメリットです。

一方,登録型派遣は有期契約であったり給与が時給であるなど生活の安定度は下がります。

登録型派遣がオススメな人
  • 事務職で働きたい人
  • 短期間ごとの契約で身軽に働きたい人

未経験から正社員就職を目指す

3つめは,派遣ではなく正社員として就職する方法です。

そもそも,あなたはなぜ無期雇用派遣を選びましたか?

明確な答えがあるなら無期雇用派遣としての働き方をするのも良いでしょう。

しかし,もし「なんとなく安定してそう」という理由で選んだのなら,正社員として就職することを考える価値は十分にあります。

今は,第二新卒・既卒・フリーターなど若年層の就職支援に特化している就職エージェントも多くあります。これらのエージェントは未経験からでも正社員として働ける優良求人を多数扱っているので,これらのサービスを利用するのも良いでしょう(書類添削や面接対策も丁寧にしてもらえます)。

正社員就職がオススメな人
  • 安定して働きたい人
  • 就職エージェントを利用することによって自分に合った働き方がわかる
この記事を書いている人 - WRITER -
JOB COMPANY
JOB COMPANY編集部。人材紹介会社と一緒に仕事をする中で得た知見を元に求職者に役立つ情報を提供します。また、就職支援サービスを運営する人材紹介会社を実際に取材した上で、生の声を届けられるように心がけています。中の人はUSE COMPANY LLCの「SOMEYA」です。

Copyright© JOB COMPANY , 2020 All Rights Reserved.