就活における最初の関門「エントリーシート」押さえるべきポイントはここ!

就職/転職活動コラム

新卒として就活をしていて,まずぶつかるのが,エントリーシートですよね。新卒の就活では,エントリー時や本選考前に必須とされていることが多くあります。エントリーシートの形式は,企業によってさまざまで,各社その年の求める人物像の方を採用するための設問を準備しています。

今回は,エントリーシートでどのようにアピールしていければ良いか解説していきたいと思います。

エントリーシートで効果的にアピールするためのポイント

エントリーシートは,以下のポイントを押さえましょう。

  • 各項目を自己PRや志望動機に繋げる
  • 具体的な事例やエピソードを盛り込む
  • 内容の偏りや重複を避ける

「各項目を自己PRや志望動機に繋げる」について,エントリーシートでは自己PRや志望動機をはじめ,能力,特技,趣味,経験など多くの記入項目があります。ここで大切なのは,そのすべての項目で自己PR・志望動機につながる内容を書くことです。ここを繋げると,「自分の能力,経験がどう活かせるか」という説明になり,採用担当の目にとまりやすくなります。

「具体的な事例やエピソードを盛り込む」について,説得力のある内容を書くには,具体例やエピソードをつけることが重要です。たとえば,「大学では特に勉学に励んだ」とアピールするなら,「大学の成績は全科目中9割がA評価をいただきました。その実績が評価され大学で表彰されました」と記載すると説得力が増し,誰が見ても評価ができる内容になります。

「内容の偏りや重複を避ける」について,エントリーシートの質問に回答していると,気づくと同じような内容ばかり書いているときがあります。「アルバイト」「サークル」「勉学」と項目をきっちり分ける必要はありませんが,さまざまな実績や能力が示せるエピソードを用意すると良いでしょう。

一度は第三者にエントリーシートを見てもらおう

エントリーシートを書くのに慣れていないうちは,第三者のフィードバックをもらうと良いでしょう。自分で書いた文章を見直しても,おかしいと感じる部分に気づけないことも多くあります。

また,第三者から客観的なアドバイスももらえるので,自分では気づけていなかったアピールポイントを教えてもらうこともあるかもしれません。

どんな人に相談するのが良いかというと,友人よりは大学のキャリアセンターや,先輩で人材系の企業に勤めている方など,知見がある方の方が良いでしょう。友人だとエントリーシートで見られるポイントについて深く理解できていないことも多いので,見当違いのアドバイスとなることもあります。そのため,できるだけ就活に詳しいプロの方に相談するようにしましょう。

まとめ

今回は,エントリーシートについて解説しました。エントリーシートは企業の最初の関門で,これを通過しないと面接に進むことができません。時間もかかり,面倒に感じるものではありますが,慣れると安定的に通過できるようになります。就活初期のうちにポイントをつかめるように頑張ってください。

(転載元:New Mage)

関連記事

アクセスランキング

  1. 1

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「貴園」と「貴社」の使い分け

  2. 2

    保育士・幼稚園教諭の履歴書「入社」と「入職」の使い分け

  3. 3

    「業界地図」会社四季報と日経を徹底比較【2022年版】

新着記事 オススメ
  1. 面接の「最近気になるニュース」は何を選ぶべきか,回答するときのコツも解説

  2. 転職先の職場で働きはじめたときに気を付けたいこと

  3. 「日給制」と「月給制」の違いは?「日給月給制」や「月給日給制」なども解説!

  4. 就職活動時のクールビズや軽装はどこまでOKか

  5. 基本給ってなに!?年収を考える上で重要な基本給について解説します

  6. 転職活動時の書類選考において採用担当者が見ているポイントを徹底解説!

  1. ハローワークと就職/転職エージェントの違いは?メリットやデメリットについても解説します

  2. 新卒向け就職エージェントと面談するときの服装は私服でOK(スーツの必要なし)

  3. ハローワーク・ジョブカフェ・サポステなどの公的サービスとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの民間就職支援サービスの違い

  4. リクルートエージェント・doda・パソナ・マイナビなどの転職エージェントとハタラクティブ・就職Shop・ジェイックなどの若年層向け就職エージェントの違い

  5. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  6. ウズウズカレッジCCNAコース(インフラエンジニア向け)の特徴,料金,利用の流れなど徹底解説

TOP